読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scrap of life

アニメとか漫画とか音楽とか…日々の切り取りを

プリスト終わりました【追記】

やった〜〜〜!プリスト攻略完了ですぞ!!

 

プリンス・オブ・ストライド

プリンス・オブ・ストライド

 

 

やっとですね。攻略時間はざっと5時間弱でしょうか。 

攻略順は、「尊→穂積→ヒース→陸→恭介→怜治」の順番で攻略しました。

私的に、怜治は最後で良かったなという印象。あまり、攻略順に問題はなかったかな。

 

最終的な好きなキャラ順は「尊>陸>怜治>穂積>恭介>ヒース」かな。

とは言え、箱で推せる。方南も西星もと〜ってもいい!

 

もっと思った事を書いておきたいけど眠いから、後日追記します。

 

以下、追記で個別ルート感想などですぞ。やっと更新。

 

 

 

終わってから随分と時間が経ってしまったので、

詳しい感想をしっかり書けるか不安なんですけど…各キャラの感想を。

ネタバレもそこそこ含まれますので、ご注意ください。

 


  • THE主人公。
    私的にこういうキャラクターはうざったくなって途中で嫌悪感を抱きながら攻略するのが常なのですが、陸はそんな事がありませんでした。
    奈々ちゃんと出会った頃から、彼女にぞっこんなのが見えるので
    ラストセリフを聞いた時はよかったなあ。本当に幸せだなあと感じました。
    アニメだと兄の巴の魅力って全然伝わらないと思うし、
    言ってしまえば陸ルート以外で彼の魅力伝わるの?って思う。
    陸ルートやるまではすごく嫌だなあって思えた巴も、
    彼のルートを攻略したら「なんだただのブラコンじゃねえか」と好感度上がりました。序盤に攻略する事をオススメします。


  • むっつりスケベですね。ただ、私は一番泣いてしまったルートでした。
    (好きなキャラ、中の人が好きっていう理由ももちろんだけど)
    まず、3人の約束を唯一覚えてその約束を果たす為だけに方南に入覚する尊。
    もうその『想いの強さ』が心を打つものがあります。
    親との対立が彼の大きな試練なんですが、その親との対立に対しても約束を守っていくという事で信頼を勝ち取る。最後に奈々ちゃんとした約束も必ず守る。
    言葉は少なく、何を考えてるか分からない事も多い彼だけれども
    約束を必ず守って、自分の想いを周りに伝えている。そこに激惚れです。

  • 穂積
    あざと腹黒。なんというか、見た目がこれだから可愛いくて何だか優しくて〜って想像するじゃないですか。一番ドSじゃない??
    さらっと奈々ちゃんを翻弄させる事をいう穂積先輩パねえっす。
    私的に可愛さを前面に押し出されるキャラクターって苦手でして(THE主人公も苦手で、お前は何が楽しくて乙女ゲームやってるんだよ)
    そんな事を忘れさせてくれる具合。素晴らしいです。
    なんど枕に顔を突っ込んでジタバタしたか…
    正直一番のオススメルートかもしれません。

  • ヒース
    めんどくせえ。
    なんかめんどくせえ。こいつめんどくせえ。
    すげえ好きな先輩タイプだけどめんどくせえなあ。
    あまり感動が出来なかったのが、この人ですかね。
    ごめん、嫌いじゃないんだけどあまりにも「はいは〜い」って思う事多くて
    記憶が薄いんだなあ…ひとつ言えるならカチューシャとったヒース最高。

  • 恭介
    一番、言葉なくとも感じあえる。まさにストライドの理念そのもの。
    恭介のルートでも大きく巴が関わります。巴好きな人はおすすめなのかな。
    一番最後の方にプレイしたのに感想が薄い。なんでなんだろう。

  • 怜治
    PRINCE OF PRINCE。まあ、中の人はPRINCE OF TENNISでもあるし仕方ない。
    一番あま〜〜〜〜〜いセリフを沢山かけてくれる糖度高めルート。
    上記の方南のレギュラー陣は、彼らの成長がメインの軸ならば、
    怜治ルートは桜井奈々の成長なのかな。
    私は一番最後に怜治ルートをプレイしましたが大団円という感じ。
    私的には一番最後にプレイするとしっくりくるかなあ〜と。
    方南や奈々ちゃんに関わる全ての想いをストライドで伝え合ってるという感じがしました。

  • 総評
    本当にいい乙女ゲームだった。
    音楽・操作性・デザイン・ストーリー・作画すべて満点な気がする!
    しいて言うならトレーニングメニューの選択がめんどくさかった。
    一番好きなのは、ストライドエンド(ハッピーエンド)のEDの映像でしょうか。
    ギャラスタの音楽と演出が最高にあっています。
    これからプレイする方には、ぜひ夏に初めてほしい!!
    私が初めたのは冬だった為なんとなく臨場感なかったのだけれども、
    これを真夏にプレイしたら感動は倍だろうなと思います。