読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scrap of life

アニメとか漫画とか音楽とか…日々の切り取りを

Kiramune Music Festival2016

気づいたら既に3ヶ月経とうとしていますね、キラフェスから。
早いものです…未だにあの日に戻りたいって定期的に言ってる。
もしくは早く来年のキラフェスに…それだけ素晴らしいライブだった。

私はというと、Kiramune初心者の中の初心者なので初参加のキラフェス。
とりあえず1日目だけ…と土曜日のチケットをStar Clubの先行で申し込みました。
そいてギリギリになって気づく「2日目も行くべきだろ」という事。
しかし、時は既に遅し。一般分も完売。為す術もなく路頭に迷っていた所でファンクラブの救済だよ〜〜〜!!

最近から始まった、チケット譲渡システム。
これで2日目のチケットを無事に確保する事が出来たので参加できる事になりました。

身分証のチェックのしっかりしているKiramuneだからこそ出来るやつですね。
しかし、当日のチケット受け取り場所についてたらい回しにされたのがちょっと焦りました。

 

では本編の感想に。
色んな所でセトリはアップされてますので割愛。
他所のブログさんで、こちらを参考に記事を書いてたので私も思い出しながら個人的な感想を書きたいと思います。

キラフェス2016大賞

 

■パフォーマンス部門

1位:EN10 僕らの描く未来 / re Kiramune☆All Stars
2位:M09 レッスンAtoB / 柿原徹也
3位:M05 Want you / 岡本信彦

納得の1位だ〜!「僕らの描く未来」の最初のパートを円になって全員で歌う演出が本当にうるっときました。初参加の私は映像ではなく、これが生では初のKiramune All Stars。胸にグッときました。

2位の柿原さんのレッスンAtoB、こちらも歌ってくれる事を楽しみにしてた曲でした。どういったパフォーマンスになるのか楽しみでしたが、すごく面白かったです!色んな柿原さんが見れて本当に贅沢な一曲。

3位はのぶくんのWant you。2日間、別の友人と参加したのですが、どちらの友人も「のぶ恐ろしい…わかってる…」という感想。ソロライでも最高でしたが、SSAの観客の悲鳴が本当にすごかった(笑)私も大好きな一曲です。

 

■MVP部門

1位 岡本信彦さん
2位 浪川大輔さん

3位 入野自由さん

これについは本当になんだか嬉しい!のぶくんの3rdソロライで作り上げられてた世界観が本当にそのままキラフェスで表現されていて。それに加えて、プラス要素が入ってのぶくんのかっこいい所とか可愛い所、全部盛り込まれていて素晴らしかったなと、1ファンは思いました。

浪川さんはもう本当にMVPです。すごかった。特に2日目の大回転やばかった(笑)年齢を感じさせないタフさ。これまた2日とも友人の感想が「すごいよ、本当に感動した」でした。

自由くんは、私は生歌が初見だったのですが…圧倒されました。すごい。フライングしている姿は王子様かな?って思いました。なんていうかディ●ニープリンスみたいな(笑)また自由くんの生歌は聞きたいって、そう思うしアルバムが楽しみです!

 

■ファン以外の投票

これ見てて面白いな〜って思ったのが、「ファン以外の投票」。
これは本当に見てて面白かったです。特にファン以外から支持受けてる曲は頷けるものが多くて、パイセンの「The END」も前のMC込みで本編の最後に本当にぴったりでした。
「Want you」が2位なのは、たくさんの人が「I want you♡(投げキス)」に殺されてしまったんだなあと納得の結果ですし、「Darling」が4位に入ってるのも本当に、のぶぐなるが愛されてるのと、4人とファンの念願なのがわかりました。

 

 

すっごい長くなりましたが、振りかえると本当に良い2日間だったなあって思います。最高に楽しいライブだったなあって。
そして、のぶくん以外のライブにも積極的に参加したいって思いました!

ちなみに、友人の一人は帰りに紹介でStar Clubに入会しました。

 

Kiramuneはいいぞ。

今期のアニメとかゴジラとか

という事で1ヶ月ぐらいサボってる間に書きたかったこと。

 

■今期のアニメについて

今期のアニメ、女子向け多いですよね。
いやとても有り難い話なのですがチェック仕切れないつらい。
家のレコーダーがパンパンです。
で、結局ちゃんと見てるのはこんな感じ。

一応、のぶくんが出てるのは全てチェックしたい精神と元々大好きなダンガンロンパが大本命ですわ。

ツキウタ。は、プロジェクト始動当初から追ってたので追っていく感じ。
なかでも、天鏡のアルデラミンがとっても面白いです。
春の電撃祭のイベントに参加した時から楽しみにしてたのですが、難しいから2〜3回繰り返しみるし、しっかり視聴してる。
あとイクタがすっごい好きな声です。最高!!

(私は初恋とかの可愛い系ボイスのぶくんより、低音系ボイスのぶくんが好み)

 

チア男子に関しては、両親の地元である雑司が谷〜早稲田が舞台で背景が見たことある風景なのが見ててとっても楽しい。
(モデルの大学が早稲田だからなんだろうね。)

6話?のお祭りのシーンは、鬼子母神のお祭りを参考にしているみたいだし!鬼子母神は本当に本当に馴染み深い神社なのでテンションあがりました。

 

他に余裕あったら話題のBプロとかモノノケ庵とかをdアニメストアで見てます。

 

 

シン・ゴジラ見たよ

先週の水曜日に立川の爆音上映見てきました。
爆音上映ってどんなもんなの?って思ったけど、そこそこ座席が揺れるやつ?
なんかしょっちゅう映画見に行ってるわけじゃないから違いがわからない。
正直、4DXでみたいっす。絶対に楽しいじゃん〜〜

感想としては、語彙力がなくなるぐらい面白かった。
ネタバレはあれですので、あんまり何も言えませんがとにく見て欲しい!
先週のラジガメでのぶくんとマッフィーも言ってましたが見に行ったあとに誰かとアレコレ話したくなる映画だし、何度も見たくなる。
そして色んな人の考察が気になりました。

個人的に聞いて「ほう」って思ったのは「シン・ゴジラ」の”シン”は”罪”って意味があるって話。へえ〜って思った。
私は「新・ゴジラ」だと思ってたので(笑)

カタカナの”シン”には沢山の意味があるんだねえ(KONAMI感)

 

 

あっと言う間に

なんか、あっと言う間に8月が終わろうとしていますが…

何もしていなすぎてヤバい。
因みに、前記事で書いたピリキュは放置している上に
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと買っていなかった「ROOT REXX」を中古で1500円くらいで買いました。すげえ今更。

 

ROOT∞REXX

ROOT∞REXX

 

 

こちら、Kiramune×オトメイトのゲーム。
去年発売され、イベントもバレンタイン?だかにしてましたね。
その時、職場ですごく話題になり友人がイベントに行ってたりしたんですけど。
まあ、まだKiramune自体に興味も然程なく。と言うか本当に詳しいこと知らなかった。(Kiramuneとは…wikipedia:kiramune
へ〜知っている声優さんいるなぐらいの認識。

 

まあ、ちょっとした事情でめっちゃ知識を得る事になり現在に至る。
その事情のおかげで、のぶくんのファンになったと言って過言じゃないです。

 

そんなKiramuneレーベルに所属するメンバーが出演する乙女ゲームなんですな〜
まあやらないとな〜けど今じゃないと思って1年以上。とうとう手に入れました。
現状は、そうま√完了。もちろん、やるなら彼からと決めてたので。
次は、玲→駿→秋→帝かな〜って思っている。

 

聡真√のEDになる「Polaris」と言う曲がすごく好きだったのでEDを見た時はグッとくるものがありました。
みんな持ってる闇が深そうなのが私好みです。(闇もってる面倒くさい男が好き。二次元に限る)

あと共通√長め。個別√のED後のストーリーがとても甘くていいですね。

 

全員やった感想は本当に余裕あれば。今更感すごいし。
ゴジラ見に行ったりした感想と夏フェス感想とか書きたいなあ。

で、今回はこちらでーす

さ〜て。そんで次は、こちらのタイトルを入手しました。

 

 

 

いえ〜い

お察し、キャストがオトメイトレコードで発表された時から気になっており、何枚かCDも聞いたのですが、ゲーム化きまってるからか不明点が多い!
しかし、オンラインゲームの中に迷いこむという世界観が気になったので発売されたら絶対にやりたいと思っていたもの。

 

地道にプレイしていきたいと思います。
これが終わると当分は必死になってやりたい乙女ゲームはないかな〜

 

ちなみに、ちょっと前から乙女ゲーム・シチュCD界隈で流行りなのか人間ではないキャラクター多いですよね。
ピリキューにも、もちろんいらっしゃいます。

 

ピリオドキューブ Quest6 ポヨポヨ

 (CV.鳥さん)

 

これ、絶対に行方不明のお兄ちゃんだって思ってるから!!!!
プレイしてないけど察してるから!!!
そんでお兄ちゃんとは血が繋がってないから、どうせくっつく!!!

  

さて、これがどう転ぶか乞うご期待。

ニルアド終わった〜!

長いブランクを経て、ニルアド攻略しました!
久々の更新が、いきなりこれで困ったものですが…
次のゲームに行く前に忘れないように更新しておきます。

 

ちなみに、ここ最近あったこと。

  • 作品展が終わりました
  • キラフェス2016に参加しました
  • kiramuneのカフェに行ってきました
  • 「おほしさまのねがい」のイベント当選しました
  • 「神はじ」のイベントも当選しました!
  • 乙女ゲームとCDの整理をしてピリキュー買いました

 

1個目、2個目あたりはきちんと更新をしたいです。
(いつになるのやら…)

 

さて、本題に入ります。 

 

まずはネタバレなしの全体の感想などを。
イラストがディアラバシリーズでおなじみ、さといさんだったので諸雑誌で紹介された時からとっても気になってきた上に時代設定が

”15年で終わらずに25の年を重ねた大正時代”

めっちゃ惹かれるじゃないですか。

 

かなりファンタジー要素が盛り込まれているので、それがちょっとという方にはオススメできませんが…いいです。ミステリーに恋愛要素が詰まっています。

 

また、恋愛要素てきにはCERO Dだっけ?
Dですね、という直接的ではないものの性的表現は多め。
匂わす、という言葉がぴったりです。なので糖度は十分高め。満足な仕様でした。

 

キャストもお察しで、控えめに言って最高。
私の好きな役者さんばかり。キャラクターも個性的で魅力的です。
ショタって私は苦手なんですが(これ、プリストの時にも話した)
今回の逢坂さん演じる翡翠も問題なく攻略できました。
キャラクターそれぞれに多大な闇を抱えてます。
だからか、どのルートもバッドエンドが強烈な印象…しんどかった。
特に、岡本さん演じる滉と鈴村さん演じる紫鶴はしんどかった〜

 

また、ニルアドは攻略制限があります。

隼人と累以外のキャラクターを攻略→累解放→隼人解放→隠しルート

これが長いようですが、全てプレイすると納得。これは本当にプレイした人としか分かり合えないすっきり感でした。

 

では、続きで個別ルートの感想とかをちらっと。因みに好きなキャラは

隼人昌吾紫鶴翡翠

かなあ。

 

 

※ネタバレを含みます。ニルアドは本当にネタバレをせずにプレイした方が楽しめるので未プレイの場合はお気をつけください。

 

続きを読む

夏がやってくる

忙しない日々を過ごしています。
無事にアルバイトも決まりまして(と言っても週2)
前の職場の様に面倒な人間関係もなく、個人作業なのでとても気が楽です。
ただ就職活動にお金がかかるので…仕事を増やしたいですね。良い仕事ないかね。

 

そんな事を言ってますが、就職活動に向けてポートフォリオ作成が佳境に。
本当はもう完成してなくちゃいけないんだな(鼻ほじ)
来月の最初に学校で作品展が行われるので…それに向けて準備の毎日です。
やらなくちゃいけない事がたくさんあります。
一応、名刺は先日発注を済ませて来週あたりに納品される予定です。

 

カタチから入るタイプなので、名刺にはこだわりたい!
と思っていて前職で会社の名刺をリニューアルする時に色々調べていた時から気になってた「ハグルマ」さんにしました。

www.haguruma.co.jp

 

こだわりたいとは言えど、学生さんはお金がない。
良い歳して何言ってんだこいつって感じなんだけど。
こだわってしまうと、金額が高くなってしまうんだよね。
しかし、ハグルマさんの期間限定商品!!とってもありがたい。
100枚7000円とまあそこそこしますが、お手頃な金額に。
私は、こちらの「エッジカラー正方形名刺」を注文してみました。

申込期間限定 エッジカラー正方形名刺|ハグルマ オンラインストア 封筒・カード・冊子・ホッチキス箱

 お金のかかった名刺は、もう少ししてからですね…
とりあえず、この名刺が配り切れる頃には仕事をできる様に日々精進。
なんにせよ初めての名刺の到着が楽しみです。

休みが終わってしまった

GWが終わり今日から授業再開です。

課題終わってないよ〜そんな中の小休止で更新中。

 

そんな事よりも、ニルアドがとっても楽しくてついついvitaを触ってしまう…

封印したいんですけど、だめ〜!ストーリーがとても面白いので気になって気になって。

ニルアドは、攻略制限付きでメインヒーロー?の隼人は他の4人+累を攻略してからでないと攻略できない様子。

現在、滉→翡翠が終わったので昌吾を攻略中。

滉については本当に一番にプレイするのではなかった…ちょっとした本筋のネタバレ要素があるんですね。

それを…CVで選んでしまった事が…ぐぬぬ

 

CERO Dなだけあり、大人な表現がチラホラ。

ディアラバもDだけど、あれと一緒ではなくね笑

全体的に心に闇を抱えた人多好きですね。こんな闇抱えた人が一概に主人公に関わるとか。

世界観はとっても好きです!大正時代なのでしょうか。レトロな雰囲気が素敵。

トウキョウやアキハバラ、アサクサなど実際の地名を使いつつネオ・トウキョウ感出してます。

 

主人公もなかなか好感を持てる、自分がしっかりあるタイプ。

ただちょっとお節介だったりする所にイラっとする人もいるのかもしれません。

 

サブキャラクターもとても濃いキャラが多くて、ファンディスクを攻略途中の今から期待してしまいます!

 

そんな感じでまた順次感想のメモをとっていこうと思います。

あとセーラームーン展にもGW中に行ったので感想を更新したいですな。

あれも!久々のキンプリに対しての考察も。